日系企業の海外進出数が急増しているここ数年。

各社の海外拠点の拡大にともなって、日本人求人数が非常に増えていて、日本で働くよりも待遇が良いことも多くなってきているベトナム就職。

ここでは、ベトナムで働くことになった際の生活をイメージできるような情報をまとめました。

 

尚、ベトナム現地での海外就職活動の進め方は下記の記事を参考にしてみてください。

⇒ベトナムで就職!ホーチミンで日系企業求人に応募!

◆基本情報

首都 ハノイ
面積 約33万km2  日本の約0.9倍
気候 2大都市 ハノイとホーチミンで気候が異なる。
ハノイ:夏は高温多湿となり、冬は比較的涼しく雨が少なく乾燥した天気
1月に寒気が入り込むと気温が10度以下に低下します。
夏は7月が一番暑く、38度から40度まで気温が上昇する日もある。

ホーチミン:一年中30度前後の熱帯性気候。乾季(11月〜4月)雨季(5月〜10月)
日本との時差 -2時間
通貨 ドン(2015年 200ドン=約1円)※本記事はこのレートで円換算
人口 約9000万人(2014)
GDP 1860億ドル(2013)
1人あたりのGDP 約1900ドル
言語 ベトナム語
在留日本人数 約12,000人(2013)  届出済の人数からの推定
日系企業数 約1299社(2014商工会調査)

日本からの空路

飛行時間 成田 – ハノイ5時間半   |   成田 – ホーチミン6時間
料金目安 成田 – ハノイorホーチミン往復    LCC3~4万円  |  JAL,ANA 5〜8万円
空港
  • ハノイ・ノイバイ国際空港
    ハノイ中心部まで約30km。
    空港タクシーで40分程度。30〜40万ドン(1,600~2,100円)
  • ホーチミン・タンソンニャット国際空港
    ホーチミンシティ中心部まで約10km。
    空港タクシーで20分程度。15~20万ドン(800~1,600円)

物価:住居

ベトナム現地採用アパート1ベトナム現地採用アパート2ベトナム現地採用アパート3
高級マンションは非常に家賃が高く(30~50万円/月)あまり現実的ではありません。
多くの現地採用日本人は、アパート・サービスアパートと呼ばれる低層アパートを選択します。
家賃相場は、4~12万円/月くらいになります。

低層アパートが主なため、ジム・プール付きではありませんが、 部屋は綺麗で必要なものは揃っています。

ハノイ・ホーチミン共に電車・地下鉄が発達していないため、
移動は基本的にタクシーとなりますので、可能な限りオフィス徒歩圏内に住むことをオススメします。

ホーチミンでは、1区と呼ばれる地区周辺が最も栄えているオフィス街で日系企業の多くもこの周辺にあります。
隣接するビンタイン地区・2区も徒歩圏内のため、この辺りで家探しをすると便利です。

ハノイでは、ホアンキエム湖南側にオフィス街となっており、日系企業が多く入っています。

物価:飲食

ローカルの食堂から高級レストランまで幅広く揃っている。
道端での屋台も沢山ある。
香辛料をあまり使わないマイルドな薄い味付けが多いため、日本人に受け入れやすい味が多い。

ローカル屋台・食堂 vietnam_food1vietnam_food2
最初は衛生面を心配するかもしれないが、よっぽど胃腸の弱い人でなければ特に問題ない。
味はマイルドの味付けが多く美味しいが、薄味なため物足りないことも。
1人前100~200円程度
ファストフード 2010年から世界的なファストフード店が進出を始め、2014年にはホーチミンにマクドナルド1号店がオープンし話題となった。その他には、ロッテリア・ケンタッキー・ピザハットが進出している。
増えてきているものの、まだまだ店舗数は多くない。値段は日本の8割くらい。
ビッグマック単品300円 (※日本だと370円)※なお、ハノイには海外ファストフード店はまだあまりない。
 レストラン 庶民的な日本食レストランで定食400~800円程度
日本食レストランで飲み会 2500円〜
フレンチ、イタリアン、チャイニーズ、ジャパニーズ、コリアンBBQなど、各国の料理がある。
スターバックス

2013年1号店がホーチミンにオープンした。

アイスラテ(トール) 340円 (※日本だと370円)
オシャレなBar ベトナムホーチミンのBar

さほど多くは無いがホーチミンにはオシャレなBarもある。
ビール一杯500円〜
カクテル1杯800円〜

その他 ローカル350ml缶ビール:70円程度
ペットボトル水500ml:30円程度
日本の食材・調味料:日本で買う値段の130~200%程度

ベトナムの交通事情

ハノイ・ホーチミンともに公共交通機関が整っていない。
現地での移動は基本的にタクシーを利用することとなる。
タクシー
初乗り(50円)
市内であれば、100~500円程度で収まることがほとんど。

ただしハノイ・ホーチミンはこじんまりとした街で、レストラン、ショッピング、通勤など含めて徒歩で事足りる場合も多い。

ショッピング

ベトナムショッピングモール

ホーチミンではここ数年でショッピングモールが増えてきている。
バンコクやマニラ、クアラルンプール、ジャカルタと比較すると小規模で1日時間を潰してショッピングできるようなものは無いが、生活に必要なものはほぼ揃う。

2014年に日系イオンモールがホーチミンにオープンし、今後も店舗数が増える予定なので、日本人にとってはより便利になる。

ハノイでは、ビンコムシティタワーズとチャンティエンプラザが有名だが、ホーチミンと比較して都市化がされておらず、ショッピングは充実していないが、日系大型モールのイオンが進出予定のため、徐々に便利になっていきそうではある。

娯楽・レジャー

ベトナムの娯楽はプールやフットサル、ゴルフなどのスポーツがメインです。

映画館

ベトナムのホーチミン映画館
300円程度。日本よりも早くハリウッド映画が公開される。

マッサージ

massage

アロマオイルを使用したマッサージが主流だが店舗によってタイ式マッサージなどもある。
とても安くマッサージを受けられるので仕事の疲れを癒やすにはありがたい。
1時間 1000円程度〜

 医療・病院

ホーチミン、ハノイ共に外資系の病院があり、医療設備的にも特に問題ない。
ドラッグストアもいたるところにあり、風邪・頭痛・下痢・皮膚病など世界ブランドの様々な薬が売られているので安心。

ホーチミン

ロータスクリニック
3F, The Lancaster, 22 Le Thanh Ton, District 1, HCMC
tel: +84 8 3827 0000( 日本語OK )
月-金:9:00~12:30 , 14:00~18:00
土:9:00~13:00
日本人街にあり、日本人医師が常に常駐している。

ハノイ

ファミリーメディカルプラクティス
Van Phuc Compound 298 I Kim Ma Road Ba Dinh District Hanoi, Vietnam
Tel: +84 4 3843 0748
24時間対応日本語ホットライン:+84 8 3822 1919
月-金:8:30~5:30
土:8:30~12:30
日本大使館そば。キンマーエリア。日本語対応可

現地採用の生活シミュレーション

ホーチミンのアパートを借りて、食費・娯楽費を節約して暮らした場合の月額コストの一例です。
家賃はそこそこ環境の良い住居を選択しています。家賃は抑えようと思えば、4万円程度まで抑えられます。
※また2015年8月時点の200ドン≒1円として計算しています。
※5年スパンくらいで為替レートが-30% ~ +30%くらいは上下しますので、この日本円コストもプラスマイナス30%くらいはレートによって上下するものと考えてください。

家賃 60,000円(1DK)
光熱費 3000円( 帰宅後と休日にエアコン使用)
インターネット 1000円
携帯電話料金 1000円 (3G無制限+電話・メール)
食費 15,000円
(ローカルフードをメイン 150円x3食x30日)
交通費 3000円
(オフィス近く居住のため通勤は徒歩。休日にタクシー利用)
合計 83,000円

これが最低コストくらいでしょうか。
あとは飲み会などの交際費、娯楽レジャー、ショッピングなどにかけた分がプラスになる感じです。

日系企業に現地採用で入った新卒の人で、月に5~10万円くらいは手元に残る感じですね。

>>失敗しない!東南アジア就活の効率的な進め方

 

ベトナム現地での海外就職活動の進め方は下記の記事を参考にしてみてください。

⇒ベトナムで就職!ホーチミンで日系企業求人に応募!