ブリスベンで寿司職人として就職した体験談。シェフの求人の探し方

今回は、ブリスベンの日本食レストランで寿司シェフとして働いた経験を持つ30代男性への体験談インタビューを紹介します。

オーストラリアではどのようにシェフの仕事や求人を探しましたか?

日本在住時に某寿司チェーン店で勤務をしていました漠然とこのままずっとそこで働いて店長になって経営をしていくのかなと思っていましたが同僚がヨーロッパの寿司屋で働くと言い辞めました

その時に海外で寿司を握ってみたいという気持ちが芽生えインターネットで探したところすしJOBという寿司職人の人材斡旋サイトを見つけ登録しました

その後アジアやアメリカ等の寿司屋を受けSkype面接と日本の担当者と直接面接したり実技試験もやりましたその中でオーストラリアの寿司屋がありオーナーは日本人の方でした

英語がペラペラに話せるわけではない自分にとっては日本人のオーナーや同僚がいるのは心強く感じ条件面やオーストラリアの自然溢れる環境の中で仕事をすることは今後の自分のスキルや経歴にとってプラスになると感じオーストラリアに行くことになりました

特に斡旋料や紹介料を取られることも無かったです

 

オーストラリアの日本食レストランのシェフの仕事内容や待遇について

給料は年俸制でした1年契約で7万オーストラリアドルです日本円ですと600万円強といったところです

まあ日本にいるよりも少し多くもらえその仕事の拘束時間も少ないので良い環境でした

具体的な仕事内容としましては8時に出勤し魚をさばきますやはりサーモンが人気で1日5本のサーモンをさばきます他の魚もさばき11時にお店が開店します

そこからは握り寿司とロール寿司をひたすら作りますランチタイムが午後2時に終わるとそこから夜の魚の準備を始めますまかない飯を10分程度で食べ5時の開店時間まで準備をディナータイムは刺身やロール寿司を中心にまた日本人のお客さんが来たときはその方のオーダー等も私がします

そして10時になったら閉店作業を始め11時に閉店します片付けをして11時半には帰りますそれを週休2日でやっています

日本にいる時は6時から夜中の0時までやっていた時期もあったのでそれに比べたらまだ良いほうです

 

オーストラリアの飲食店で働くのと日本で働くことの違い

オーストラリアで働く日本人はたくさんいます

やはり温暖な環境で安全で生活しやすいことが良いと思います

日本では毎日早くから満員電車に乗って会社に行き毎日遅くまで残業をして休みの日はずっと寝ていることが多いという生活をしている日本人の方が多いと思います

もしオーストラリアに住むと朝はそこそこ早く起きますが都心に住んでも家賃はそこまで高くなく家から会社まで徒歩かバイクで通勤出来ます

そして残業をすることは基本的にNGです

残業をするということは仕事が出来ない烙印を押されてしまうのでみんな時間どおり帰ります逆に仕事が終わってなくても帰ってしまいますが

休みの日は海に行ったりカフェでまったりしたり日本では優雅な休日をこちらでは普通に出来ますオーストラリア人はとても親近感がありお酒が大好きなので飲みニケーションがとても有効です

仕事終わりにバーでみんなでビールを飲むだけで仕事でもオーストラリア人の協力を得ることが出来ます