シドニーで日本食レストランで現地採用として就職した体験談。シドニーでの仕事・求人の探し方

今回は、シドニーの飲食店で働いた経験を持つ20代女性への体験談インタビューを紹介します。

シドニーではどのように仕事や求人を探しましたか?

シドニーの中心地には沢山の観光客向けのレストラン、カフェ、バーがあり日系のものも多くあります。

日系の飲食業で働くのは言葉も通じるし日本人が働いているので一番簡単で早く職に就く方法だと思います。

オーストラリアで発行されている日本人用の生活情報雑誌やネット(JAMSやCheers)にも求人情報が載っています

生活情報雑誌は毎月発行されていてシドニーの中心部のツアーデスクなどに置いてあるので無料でもらうことができます。ツアーデスクでは掲示板もあるので掲示板で気になる求人情報を見つけたら直接電話して聞いてみるのも一つの方法です。
現地のオーストラリア人が経営しているレストランやカフェではお店が忙しくない時間に直接履歴書を持って行くといいと思います。

できればそのお店を何度か利用してみて実際にどんな雰囲気なのかどんなサービスを提供しているのかを見てそこで本当に働きたいのかを考えて決めたほうがいいです。

履歴書を持って行くとその場で断られる時もあるし、あとから連絡すると言われる場合もありますが20件以上はお店を回りました。

学生時代は学校の近くにあるよく利用していたカフェのスタッフの一人と話すようになり仲良くなり仕事を紹介してもらった事があります。

その時働いていて辞める人がいるから仕事してみない?という感じで言われ知り合いの紹介ということでカフェで働いた経験もなかったですがすんなり仕事を始めることができました。

 

オーストラリア飲食店での仕事内容や待遇について

日本食レストランではウェイトレスとして働きました。

お客さんは日本人と外国人半々の割合だったので英語を使う機会もありました。

注文をとったり、食事や飲み物を運んだり、レジでの会計処理、かかってきた電話対応、片付け、掃除の仕事内容でした。時給は10ドルから始まり数か月ごとに50セント上がっていきました。

年収にすると日本円で200万程度でした。日本食レストランで働いて大変だったことは一緒に働いていた人が日本人ばかりで日本社会では当たり前のことかもしれないのですが、仕事時間が終わっても周りが働いてるので自分だけ先に終われなかったり、休みの日も手伝いにいかないといけなかったりしたことです。

逆に楽しかったことは日本人と働くことで言葉も通じるし安心し、同僚を信頼して仕事ができていました。仕事に行くときは唯一日本人と関われた場所だったので楽しかったです。

 

また、オーストラリア人の経営していたレストランでも働きましたが、日本円で年収300万くらいでした。

仕事内容はキッチンのお皿洗いから、食材をカットしたり、料理の盛り付け、揚げ物調理、掃除の仕事内容でした。

一つ一つゆっくりと教えてもらえる環境ではなかったのでマニュアルをみながら勉強し自分で出来上がった料理を見ながら勉強していかないといけなかったので大変でした。

毎日忙しく仕事の時間はあっという間に過ぎて仕事終わりに達成感があり充実感があじわえるところは良かったところです。一緒に働いていたオーストラリア人もユニークで忙しいときも仕事を楽しもうとするので一緒に働けて楽しかったです。

 

オーストラリアの飲食店で働くための英語力

日本食レストランで働いていた頃の当時の英語力は簡単なコミュニケーションが取れる程度でしたが職探しの面接では全く苦労することもなくすぐに仕事を始めることができました。

実際に働いてみても一緒に働いている人は日本人が多く特に苦労することもありませんでした。お客さんとは英語を話す機会はあるのですが働く際に使う英語は決まってくるので英語力も伸びてなかったと思います。

現地のオーストラリア人が経営しているレストランで働き始めたときはTOEIC800点程度の英語力でした。面接では特に問題なく質問に答え、自分の意思を伝えられたと思います。

仕事以外でもネイティブスピーカーと話す機会がほとんどでした。それでもわからない単語や、自分が伝えたいことが伝わらなかったりしたときもありましたが諦めずに何度も発言していました。

仕事中に自分が言っている単語の発音がおかしいと笑われたことがありましたがもっと大袈裟に発音してもっと笑いをとったりしていました。

 

シドニーでの生活。どの程度の生活水準だったか

最初はシドニーの中心部のシェアハウスに住んでいました。1つの部屋を2人で使っていたので全くプライベートな空間はなかったです。1カ月の家賃は日本円で約3万円でした。

街中にあるマンションだったので人通りが多く夜中まで賑やかなところでした。食事は働いているレストランでの賄いで1食済ませあとの食事は自炊をしていました。シェアハウスだったので一緒に作って皆で食べたりもしていました。

この頃の収入では特に旅行にいったり高価な買い物などはできませんでしたが普通の生活はできていました。

 

現地のオーストラリア人が経営しているレストランで働き始めた頃にはシドニーの中心地から電車で15分程度のところに住んでいました。

自分でアパートの1室を借りて2ベットルームだったので1室は貸していました。家賃は1カ月約7万円でしたが、部屋を貸していたので実際自分では4万円程度の支払いでした。

食事は自炊と外食が半々くらいでした。収入的には生活は楽で趣味の旅行やスキューバダイビングを楽しんでいました。

 

オーストラリアの飲食店で働く上で大切なこと

オーストリアで働くには自分をどんどんアピールしていくことが大事だと思いました。引っ込み思案で相手のことを考えすぎると自分のことは後回しにされるので自分がどんだけ仕事を頑張っているか、どんだけ会社のことを思っているかを伝えていくことが必要です。

また、仕事とプライベートがはっきりと分かれているのでサービス残業はなく時間外で少しでも仕事をしたら手当をつけてもらえていました。

オーストラリア人と働いてみて、シドニーは移民や観光客が多いからかもしれませんが特に外国人だからといって差別されることもありませんでした。

ユニークな人も多く先輩・後輩の上下関係もなく面白いことを言ったりして笑わせて日本人の間ではこんな関係をなかなかつくりだすのは難しいのではないかと思います。

忙しい仕事中でピリピリしてる雰囲気のなか面白いしぐさをいきなりしてきたりして場を和ませてくれる人もいました。

オーストラリアで約5年働いて、経験を積むことができたのでプラスになっていますがオーストラリアの仕事環境は日本に比べて楽しんで仕事をするという雰囲気だったので日本とオーストラリアの仕事に対するギャップに慣れるまで少し苦労しました。

オーストラリアで働くことによって仕事に対する視野が広がり人との接し方や仕事上での自分のアピールの仕方など今まで自分には持っていなかったスキルをこれからのキャリアに生かしていけるので貴重な経験ができたと思います。